アウティングは犯罪?!LGBTQ+の生活を脅かす「アウティング」の意味とは?

そのカミングアウトは本当に大丈夫ですか?

もしかするとあなたにカミングアウトされたその友人は「アウティング行為」をしてしまうかもしれません。

私たちは付き合って11年目の同性カップル(レズビアン)ですが周りに一切カミングアウトせずに生活しています。

私たちにとって「アウティング行為」は非常に恐ろしいものですし、その行為をされると今まで通りの普通の幸せな生活が続けられない可能性がでてきてしまいます。

 

この記事ではLGBTQ+の方にとって重要なこの「アウティング」について解説しています。

 

・「アウティング行為」とは一体なにか。
・アウティングをされない為のポイント。

この記事では、大きくこの2点についてお話していきます!

LGBTQ+の当事者でも意外と知らない人が多いこの「アウティング」という言葉。

これをきっかけに「アウティング」について学んで無意識に相手を傷つけることのないようにしましょう!

 

豆やん&ちーず
アウティングを阻止して互いに嫌な気持ちにならないようにしよう!

 

 

PR

アウティングとは?

ゲイやレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーなど(LGBT / LGBTQ+)に対して、本人の了解を得ずに他の人に公にしていない性的指向や性同一性等の秘密を暴露する行動のこと。
引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
最終更新 2021年8月5日 (木) 06:07

 

ちーず
私も周りに公表してないのに「あの人、同性と付き合ってるんだって!」と勝手に他の人に話された経験があります。
当時とても傷つきました・・・

 

・あの人ゲイらしいよ。
・あの人レズって言ってた。
・あの人、同性が好きなんだってー!

など、とにかく本人の了承を得ずに第三者にバラす行為が「アウティング」です。

このアウティング行為によって実際に人が亡くなるという事件も起きています。

このようにアウティングとは人の命を奪ってしまうほどの危険な行為なのです。

 

 

「アウティングをさせない」ことも大事

最悪、人の命を奪ってしまうようなこの「アウティング行為」、絶対にしてはいけませんし許される行為ではありません。

しかし自分のメンタルや身体を守るためには「アウティングをさせないようにする」ことも非常に大切です。

 

「アウティング」した人の言い分でよく聞くのは

・ついポロっと言っちゃった。
・悪気はなかったの。
・悩んでたから他の人の意見も聞いてあげようと思った。

悪気がないパターンが非常に多いです。

悪意があろうとなかろうとアウティングは私たちにとって非常にストレスですし日常生活に支障をきたします!

絶対に避けなければいけません。

なので、私たちみたいに「どうしてもアウティングはされたくない!」って人は、この「悪気のない人たちへの対応」として自分で「アウティングさせない状態」を作っておく必要があります。

ここからはアウティングをさせない為のポイントについて紹介していきますね。

 

 

PR

アウティングをさせない為のポイントはたった1つ!

ここからはアウティングを防止するためのポイントについて紹介していきますね。

 

誰にもカミングアウトをしない。

 

「は?」って思いますよねw
相手が人間である以上、アウティングされない為には本気でこれしかないです!
いくら仲のいい親友や家族だとしても、カミングアウトされた場合にいい気がしない人も多数います。
「私は全然受け入れられる派だよー」って言ってる人でも、実際にカミングアウトされると「嫌な気持ちになった」っていう研究結果も出ていたりするらしいです。

 

詳しくはこちらの記事でも書いていますので気になる方は読んでみてください。
関連記事

LGBTQ+であることをカミングアウトしたい! だけど、 ・気持ち悪いと思われるかも。 ・理解してくれないかも。 ・その後の関係性が変わるかも。 ・周りにバラされるかも。 と悩んでいませんか?   カミングアウトを[…]

 

「この人なら大丈夫!」と思っている相手でも大丈夫じゃない可能性があります!
「この人なら100%、絶対に大丈夫だ!」っていう確信が得られないのであれば「カミングアウト」をするべきではありません。

 

カミングアウトすることによって
アウティングされる確率が0%だったものが1%以上になる!ということ。

 

「0だったものが1以上になる」、これは人生が左右するほどの大きな変化だと私は考えています。

 

 

どうしてもカミングアウトしたい場合

 

どうしても人に話したい!悩みを聞いてほしい。

 

それを踏まえても、どうしてもカミングアウトをしたい!って人もなかにはいると思います。

 

その場合は以下の2つを参考にしてみてください。
  1. バラされても後悔はない!と思えるなら話す。
  2. 同じ悩みを持っている人に話す。

 

PR

①バラされても後悔はない!と思えるなら話す

アウティングなどで極力傷つきたくないのであれば、「バラされるかも」という前提でカミングアウトをしましょう。

その心構えでカミングアウトをすれば何かあったときの心のダメージは少なく済みます。

 

★LGBTQ+|カミングアウトする前の事前準備|カミングアウトをされる側の気持ちとは?

先ほど紹介したこの記事↑に書いているようにカミングアウトされる側にもいろいろな感情があります。

相談された方も周りに相談できずもしかしたら1人で抱え込んで苦しむかもしれません。

 

ちーず
「バラされても後悔はない!」っていう覚悟がまだできてないなら今はカミングアウトは控えておいたほうがいいかもですね。

 

②同じ悩みを持っている人に話す

どうしても人に話を聞いてもらいたいのであればこれが1番おすすめです!

同じLGBTQ+の人に聞いてもらいましょう。

当事者なので悩みも理解してもらいやすいですし、それこそカミングアウトについても意見を聞いてみてもいいかもしれません。

相談相手の作り方についてはこちらで解説しています。

★LGBTQ+の友達、相談相手のつくり方

関連記事

・だれかに恋愛相談したい ・ほかの人の意見も聞いてみたい ・ビアンの友達がほしい 無性にだれかに話しを聞いてほしいときってありませんか?   カミングアウトをしていないとなかなか相談できる相手もいませんよね。 […]

 

また最近ではアプリもたくさん普及しており、そのアプリ内で恋人や話し相手を探している人も多いのでそちらも活用してみてもいいかもしれません。

この記事内で紹介しているアプリは女性の場合、どれも無料で利用できます!(^^)

★【レズビアンカップルがオススメする】マッチングアプリはこれ!

関連記事

・友だちや恋人がほしい ・だれかに話を聞いてほしい ・イベントやバーとか行く勇気が出ない こんなこと思ったことありませんか?   LGBTQ+の人の割合って少なくて街中で運命的な出会いをするとかほぼ不可能です。 &nb[…]

 

 

まとめ:自分の身は自分で守るしかない!

アウティング行為は絶対にしてはいけません。

ですが、「アウティングの何がいけないんだ!」とアウティングを深刻に捉えていない人はこの世にたくさんいます。

これだけいろんな人がいるので様々な考えがあるのは当たり前。

この世のすべての人が「アウティングは絶対にダメ!」って考えになることは絶対に不可能ですから自分の身は自分で守るしかありません。

今回紹介したことが少しでも参考になれば幸いです。

 

自分の身体第一に考えて、少しでもつらくない方を選択していきましょうね!

私たちにとって生きやすい世の中になる日は絶対にくるはずです!

それまでは自分たちで工夫しながら乗り越えていきましょう!

 

 

PR